読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神君伊賀(甲賀)越え② 1、2日目(堺~信楽・小川城)

家康、堺を出発

 午前5時頃、家康一行は堺を出発した。京への道中、行き交う人々が騒がしい。聞くと、本能寺で「喧嘩」があったという噂もあり、一同心配していた。「譜牒余録」の永井万之丞の項には、

路次にて京より罷下ル下々、何と哉覧騒敷(さわがしき)体、其上本能寺にて、喧嘩有之(これあり)候なとゝ致風聞候

と書かれる。

 

飯盛山四條畷市)にて本能寺の変を知る

 先を行っていた本多忠勝は、反対から大坂方面へ駆けてくる茶屋四郎次郎と出会う。茶屋は「本能寺の変」の急報を家康に伝えるべく、急ぎ下洛していたところだった。茶屋の報告によって、信長自刃を知った本多は、急ぎ家康本隊へと戻るのである。

茶屋四郎次郎京都より荷鞍馬に乗来、通にて本多平八に逢候て(中略)公飯盛山近辺にて(「石川忠総留書」)

 午後2時頃、本多は飯盛山近辺にいた家康本隊へ駆け込み、信長自刃を報告した。これを聞いた家康は「弔い合戦をして負ければ本能寺で切腹する」と言って出発しかけたという。よく知られるエピソードとしては、「松平家菩提寺でもある知恩院に籠もって、信長の後を追い切腹する」と家康が言ったのを、家臣がなだめて伊賀越えに及んだというものがある。これは「石川忠総留書」にも登場する。家康のこの発言には、家臣の結束を固める目的があったとも言われるが、果たしてどうだろうか。家康が信長の後を追って自刃しなければならない理由も無く、むしろ天下を狙う好機となったのであるから、「知恩院切腹」と言い出すことは考えにくい。

 さて、一度は京都本能寺へ進行した家康を、重臣の酒井・本多が説き、結局は三河へ帰国の方針となった。信長の家臣で、今回家康一行のお供をしていた長谷川秀一(竹)は、兎にも角にも京都へ行こうとした。が、京都はすでに明智勢の勢力下にあり、結局は全員で三河を目指すことになる(「譜牒余録」永井万之丞)。

 

尊念寺→草内の渡し→宇治田原・山口城

 家康一行は草内(京田辺市)において、木津川を渡河する。「本多家武功聞書」によると、草内の庄屋の子を人質にとって案内させた。木津川では柴を運んでいた船を岸に呼び寄せ、その船を使って渡ったと書かれる。「石川忠総留書」にも

川にいたって、柴つミ舟の下るを、便船候ハんよし申て舟はたに乗よせ、その舟を取て御供の衆まて無相違渡申候

とある。「本多家武功聞書」によると、本多は柴舟の底を槍で打ち抜き破壊した上で返却した。

 当初家康に同行していた武田旧臣・穴山梅雪は、家康一行より1里ほど(約4km)後ろを歩いていた。家康が木津川を渡っているころ、梅雪らは草内の郷人らによって殺されてしまったという。一説には、梅雪は熨斗目(のしめ)を着用していたため非常に目立ち、また供回りも数少なかったことが原因だという。草内の南隣である飯岡(京田辺市)には穴山梅雪の墓が今も残る。

 一方、山口城主・山口秀康配下の新末景の子・末次が後年幕府に提出した「新重左衛門尉末次提出文書」によると、少し異なる。家康使いの者が山口城(宇治田原市郷之口)に、家康が来ることを伝えた。山口は城中を掃除させ、家臣の新主膳・市野辺出雲の2人に草内渡しまで迎えに行かせる。彼らは途中の市野辺村で人夫6,70人を連れていく。川を渡った家康は先に行かせ、2人は家康配下全員が渡るまで、川の西岸(大坂側)で見守った。渡河完了後、東岸へ戻る際、もと居た西岸で穴山梅雪の一行が、一揆の野武士に襲われているのを目撃したという。

 家康一行は少ない供回りと言えど、人足まで含めればそれなりの人数がいた。小さな舟で木津川を渡るのには、かなり時間を要したであろう。他に途中休憩も取りつつであろうが、全員が宇治田原・山口城に到着した頃には、すでに翌日の午前10時になっていた。

 

宇治田原・山口城に到着
 6月3日午前10時に家康一行は山口城に到着。新と市野辺は城主・山口秀康へ報告の後、城の大手門を堅く閉ざした。城では弁当が振る舞われたという(「忠総留書」)。休憩も束の間、2時間後の正午には出発となった(「新重左衛門書付」)。

 ここで、山口城主・山口甚介秀康について触れておきたい。彼は実は多羅尾光俊の三男・光広であった。三井寺の勧学院にいたとき、織田信長の周旋で山口家に養子入りした。多羅尾光俊は、同年の「第二次天正伊賀の乱」でも信長に付いており、長谷川秀一らによって、道中の協力を得たものと考えられる。

 

信楽・小川城
 信楽小川城は多羅尾光俊の居城である。「石川忠総留書」や「戸田本三河記」によれば、長谷川が使者として多羅尾を訪ね、多羅尾は門外まで迎えに来た。警戒して野陣を張ろうとする家康に対し、子息・光雅(久八)を人質に出し、家康ら数人を中に入れ食事を振る舞い、その後外にいたお供衆にも赤飯を振る舞ったという。

 しかし上記の通り、山口秀康と多羅尾光俊が実の親子であることを考えれば、山口配下の者によって既に連絡されていたと考えて良いだろう。小川城では、家康のお供衆も睡眠をとることができ、翌4日早朝に出発した。家康は多羅尾に金子10枚を賜り、伊賀までは久八が道案内をしたという。

広告を非表示にする